加熱式タバコとは、IQOS(アイコス)などに代表されるように、タバコの葉を電気で温めることによって、蒸気を発生するようなたばこのことをいいます。
火を使わないために、従来のタバコのようなタバコの臭いや煙が出ないことが特徴です。

喫煙者にとっては、周囲の理解を得られているような状況での使用であれば、臭いや副流煙で相手に不快な思いをさせたり、我慢させたりさせることはないでしょうし、火を使わないので、灰が出ることもありません。
吸い殻も普通にゴミ箱で処分できるので、灰皿の心配をすることもありません。ですがマナーとして、外出時にはポケット灰皿は必ず携行したほうがよいです。
煙や臭いが出ないからといって、公共の場所での喫煙は周囲への配慮が必要です。従来型のタバコも加熱式タバコも、吸わない人や子供から見ればタバコに違いありません。
喫煙は決められた場所で行い、それ以外の場所での喫煙はマナー違反となりますので、慎むべきでしょう。
喫煙所や喫煙席などが準備されている施設であれば、必ず喫煙可能な場所での使用が求められますし、禁煙表示のある場所での使用は避けるべきです。
ただし、禁煙スペースではあっても、IQOS(アイコス)専用と表示されている箇所や、店側に確認をとれば許可を出してくれるところもありますが、周囲の理解を得られるかはまた別の話です。
店側が大丈夫でも、喫煙行為そのものを嫌がる人もいるので、子どもや女性のいる場所では、自制することも必要かもしれません。

受動喫煙に関する定義も加熱式タバコの場合まだまだあいまいで、従来の紙巻きたばことそれ以外など、一般大衆に加熱式タバコのコンセンサスが明確に得られれば、加熱式タバコの社会的な理解も深まってくるでしょう。
従来の紙巻きたばこの場合、多くはその喫煙者の公共の場所でのマナーの悪さが、愛煙家の居場所を狭めてきた大きな要因でした。喫煙席の積極的な利用、禁止されている場所では絶対に使用しないなど、加熱式タバコの使用スペースを広げる可能性は、愛用者自身にあるのです。

加熱式タバコのマナー違反について

火を使わない加熱式タバコというと、一見タバコとは似て非なる非なるものと勘違いしてしまいそうです。ですがこの考え方はあくまでも喫煙者中心の考え方で、一般的には従来の紙巻きタバコであろうと加熱式タバコであろうと、違いはありません。
煙や臭いが出出ないから大丈夫と勝手に解釈し、電車内やトイレブースなどでの使用はマナー違反になります。
タバコ特有の臭いは低いですが、IQOS(アイコス)特有の臭いはありますので、トイレなどで隠れタバコをしても、確実にばれてしまいます。
また、電車やトイレなどでの使用は鉄道会社や施設などにクレームが入るために、問題も大きくなる可能性があるため、自制が必要です。

ファミレスなどのように、飲食店では必ず喫煙席を利用しなくてはなりません。新幹線など電車内でも、喫煙できる車両や場所での使用が決められていますし、飛行機内では紙巻きたばこと同様に、紙巻式タバコもトイレ内では絶対に使用できません。
火災報知器が反応したりして、最悪の場合緊急着陸などという事態も起きかねません。
ホテルや商業施設のトイレなど、火災報知器など防災設備のある場所などでのある場所では、報知器が作動する恐れもあるので、絶対に避けたほうがよいです。
混雑時のファミレスでのクレームの対象になりやすいのが、禁煙席に座れなかった人がやむを得ず喫煙席にいる場合です。
この場合、喫煙席なので喫煙するのは問題ないかもしれませんが、自分が喫煙して困る人はいないか、周囲に気を配る必要があります。いくら禁止されていないからとはいえ、子どもや妊婦さんがいる場所での使用は避けるべきでしょう。
加熱式タバコは健康への影響は低いですがゼロではありません。周囲に気を配りながら、自分も安らげるひと時を満喫しましょう。